炭酸水には主に疲労回復作用、健胃作用、整腸作用、新陳代謝促進作用の4つの健康効果があります。

炭酸水の4つの健康効果について

炭酸水の4つの健康効果について

炭酸水の4つの健康効果について 美容と健康に良いとされ注目が高まっているのが炭酸水です。特にアンチエイジングやダイエットに関心を持つ女性の間で人気が高まり、炭酸水を毎日の飲料水に取り入れる人が増えてきているといいます。これまで、日本では糖分や甘味料が含まれる清涼飲料水やアルコールの割り材として利用されてきました。しかし近年のニーズの変化によって、無糖炭酸水の市場が急速に伸びています。炭酸水には主に4つの大きな健康効果が考えられます。乳酸を体外に排出する疲労回復作用、胃腸の消化機能を促進する健胃作用、腸のぜん動運動を高める整腸作用、体温を高めて新陳代謝を上げる作用です。特に体を温める効果に優れているため冷え性の人には嬉しい飲み物です。炭酸水に含まれる二酸化炭素が、血中の二酸化炭素濃度を高くすることで、体が酸素を求めて血管を拡張させ血流量を増やします。そのため全身の血行が良くなり、血行不良によるつらい肩こりや目の疲れを解消する効果も期待できます。

また、炭酸ガスで胃が膨張することから、満腹感により食べ過ぎを防止してダイエットにも役立ちます。食欲抑制を目的とする場合には、より高い効果を得るため食前と食事中に500ml程度の炭酸水を飲みましょう。多すぎたり少なすぎたりするとかえって食欲を増進してしまい逆効果になりますので、適量を考えて取り入れることが大切です。

Copyright (C)2014炭酸水の4つの健康効果について.All rights reserved.